試聴する

ねずみ花火

この曲の表示回数 7,383
歌手:

タオルズ


作詞:

西田遼二


作曲:

西田遼二


春の終わりに 滲む涙雨 夏のひだまり 恋しくて
浅葱色した 高い空が好き 君と重なる 遠い碧

君を覚えし手の平すり抜ける 夏のにおい運ぶ南風
過ぎ行く時間はゆっくりと 旅立つ僕の道を染めるかな

ねずみ花火 耳鳴り 君の笑い声 薄明かりの先にあなたを見てた
今も瞳閉じると浮かぶ面影に まだ心は歪む

呼吸するように 君の名を呼んだ 時間も全て夢の跡

宛なき手紙は今もなお 机の奥で君を待ってます
あの夏は今じゃ万華鏡 腕を広げて誰を感じよう

夏の風に 蝉しぐれ 苺のシロップ ふさぎこんでた思いが廻りだす
なつかしいね あの頃聞いたメロディーを 今もまだ胸に抱く

ねずみ花火 耳鳴り 君の笑い声 薄明かりの先にあなたを見てた
今も瞳閉じると浮かぶ面影に まだ心は歪む

夏を待って 君の気配 されど蜃気楼 陽炎に揺れる小さな決意
寂しくとも「忘れるよ」 そう口にすれば また一つ強くなる
でも涙あふれる 新しい恋を待つ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ねずみ花火 歌手:タオルズ

タオルズの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-07-18
商品番号:OMOCD-39
おもちゃ工房

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP