愛の羽根

この曲の表示回数 2,652

そんなんじゃないって 上手に言えないまま
私じゃない私に なってゆくみたい
そんな流れを 止めてほしかったの
もがく指を つかんでくれた

あなたの熱で ふくらんでく思い
胸のフタがはじけて
心 高く高くのぼってく

空に今 穴があく
未来 そこからのぞいて
一緒なら 宇宙のその先がまだあるみたい
私たちは自由ね 愛の羽根で

どうしようもないって 自分で思うほど
もしかしたら 私弱くないかも
つないだ指で あなたが言わずにいる
不安や痛み 受けとめたいの

冷たい風に 向かってく時こそ
のぼる上昇気流
だから もっともっと握ってて

空に今 穴があく
無限 そこからはじまる
果てしない だから愛もどこまでもきっとゆける
行く道が 暗くて手探りでも
一緒に進む 時間が光になる

空に今 穴があく
無限 そこからはじまる
果てしない だから愛もどこまでもきっとゆける
行く道が 暗くて手探りでも
一緒に進む 時間が光になる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛の羽根 歌手:月読ミヤビ(川瀬晶子)

月読ミヤビ(川瀬晶子)の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-04-27
商品番号:LKCR-10012
ミュージックワゴン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP