試聴する

回帰線

この曲の表示回数 4,169
歌手:

泉谷しげる


作詞:

泉谷しげる


作曲:

泉谷しげる


絵ハガキのように美しい
この街並(まち)の裏にひそむ
恐ろしく低いうめき声が
となりのマドからもれる
ひとつドアの向う側で
女がなぐられ倒れる音
子供がナイフをみつめてる
しかる親さえ殺されて
夜と
昼とじゃ
まるで
人がちがう
何がおきても
何もないフリを
何を聞いても
何も見ないフリを
揺れる俺と
消えてゆく出来事

雪のような白いノートに
君の裸体を書き込む
美しく卑猥ならせんを描き
かなわぬ想いをぶつける
ひとつ社会の屋根の下で
口をきくのもいやなのに
外ヅラだけはおしゃれして
同じテーブルの席に着く
夜と
昼とじゃ
まるで
人がちがう
何がおきても
何もないフリを
何を聞いても
何も見ないフリを
揺れる君と
またここへまい戻る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:回帰線 歌手:泉谷しげる

泉谷しげるの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-07-15
商品番号:POCH-1711
ポリドール

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP