陽が沈むころに

この曲の表示回数 7,170

花や鳥にかこまれ 川の流れに耳を向け
過去のキズをいやし のんびりくらしたいと思うが

遠い国へにげ 過去からにげるほど
ぼくの人生は重くない

恋にやぶれたことや くらしにこまったことや
いつも自分をなぐさめ 人のせいにしていたさ

遠い国へにげ 過去からにげるほど
ぼくの人生は重くない

頭をかかえてなやむ姿は ある意味では美しいのさ
そばでおやじが笑う カラカラ カラカラ笑う

遠い国へにげ 過去からにげるほど
ぼくの人生は重くない

ふりかえつて見るほど ぼくは生きのびちゃいない
ふりかえつて悲しむほど ぼくのキズは深くない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:陽が沈むころに 歌手:泉谷しげる

泉谷しげるの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-09-27
商品番号:FLCF-3888
フォーライフ ミュージックエンタテイメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP