試聴する

栄華なる幻想

この曲の表示回数 11,629
歌手:

THE BACK HORN


作詞:

岡峰光舟


作曲:

THE BACK HORN


遙かなる大地を踏みしめていたのは若き血潮
遠い空 想いはいつもそこにあった 淡き夢と

伸びた影 奮い立たすように あの人はそっと笑っていた

いずれまた会おう 振り返りはせず 注ぐ光へと走り抜けて
誰も知らないで流れてゆく花よ やがて河となり海となりて消えゆく

何故に僕らは忘れてしまうのだろう 日々の中で
何故に僕らは繰り返してしまうのだろう 何も言えず

作られた空虚な樹海へ いつまでも迷い込んだまま

命の価値とか平等がどうとか孤独を恐れて口をそろえ
何も知らないで世界は過ぎてゆく 溢れる言葉に埋もれてゆく 星屑

万朶(ばんだ)の桜か暁の空の下(もと)眠れ
返り咲くは栄華なる幻想

命の価値とか平等がどうとか 孤独を恐れて口をそろえ
何も知らないで世界は過ぎてゆく 溢れる言葉に埋もれてゆく

まだ目覚めないその眼差し 今こそ開いて
また輝きを増す太陽 今もっと高くへ昇るさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:栄華なる幻想 歌手:THE BACK HORN

THE BACK HORNの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-04-21
商品番号:VICL-36572
Vicctor Entertainment =music=

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP