クラシック ―CLLASSIC―

この曲の表示回数 9,472

あの頃 あんたは妙にさめて暮らしてた
あの頃 おまえは甘い夢ばかり話してた
卒業前夜の 街角でお互いの
生き方が許せず殴りあった
忘れないよ あの時流したあの涙の熱さは今も
もう戻れはしないけど失くしてないようだお互いに

あの時 おまえの彼女のこと好きだった
あの時 俺れだってあんたを見るのがつらかった
入社試験の夜は 無口のままで
つぶれて眠るまで飲んだ夜明け
忘れないよ あの時流したあの涙の熱さは今も
もう戻れはしないけど失くしてないようだお互いに

オールナイトの店のざわめきの中
俺達流行の男じゃないね
それでいいさ 古いタイプの男さ 想い出を失くすよりは
古いタイプの男さ 想い出失くしてまで生きたくない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:クラシック ―CLLASSIC― 歌手:谷村新司・奥田瑛二

谷村新司・奥田瑛二の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-08-25
商品番号:PSCR-5401
ポリスター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP