風そして花

この曲の表示回数 13,438
歌手:

島津亜矢


作詞:

小椋佳


作曲:

小椋佳


風は 優しくそよと 吹いていました
それはいつでも 追い風でした
風に押されて その誘(いざな)いに
見知らぬ場所へ 導かれようと
不安も湧かず ただ愉(たの)しんで
蕾は開花を 待ちました

風は 時に乱れて 荒れすさびます
雨も呼び寄せ 嵐ともなり
枝も折れよと 幹も撓(たわ)めと
襲われる度 試練と受け止め
望み捨てずに よりしなやかに
新たな芽吹きを 抱きました

おなごとは さほど
か弱いものでは ありません
吹く風に 愛を
感じてるかぎり 花と咲きます

風は 花の盛りに 強く咲きます
散るが定めの 命寿(ことほ)ぎ
名残りに空へ 舞い立たせます
今や一番 美しくあれと
花影のこし 想い残さず
また咲く祈りが 香ります

おなごとは さほど
ひ弱なものでは ありません
吹く風に 愛を
感じてるかぎり 花と舞います

おなごとは さほど
か弱いものでは ありません
吹く風に 愛を
感じてるかぎり 花と咲きます
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:風そして花 歌手:島津亜矢

島津亜矢の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-04-01
商品番号:TECA-12222
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP