はやくいそいで

この曲の表示回数 12,689
歌手:

古内東子


作詞:

古内東子


作曲:

古内東子


「こんなに苦しいなら
一人でいたほうがどんなに気楽かしら?」
私の投げつけた言葉は
あなたを元には戻さなかった

重なってゆく逢えない夜が
私をこんなにわがままにしたの

はやくいそいでつかまえなきゃ
去っていってしまうから
頬をつたう涙の粒がテーブルを濡らす前に
ずっと大事にしてたものが
目の前から消えてくよ
今止めなきゃ もう逢えないのに

呼吸が出来ないほど 人を好きになると
自分がどうなるのか わかったの
適当に楽しかった今までの恋とは
比べものにならないくらい

どんどん欲張りになってゆくから
自分でブレーキ掛けるしかなかった

はやくいそいでつかまえなきゃ
去っていってしまうから
頬をつたう涙の粒がテーブルを濡らす前に
ずっと大事にしてたものが
目の前から消えてくよ
今止めなきゃ もう逢えない

私一人じゃ 幸せになんかなれない
わかってるなら ねぇ
席を立って追いかけて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:はやくいそいで 歌手:古内東子

古内東子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998/02/14
商品番号:SRCL-4189
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP