試聴する

冷たい月の下でなければ響かない

この曲の表示回数 4,862
歌手:

hibiku


作詞:

石川智晶


作曲:

河野陽吾


雨風さらされ 朽ちかけてるベンチに座ったまま
乗り過ごすだけで 熱をもった車輪を見ていた
この両手から今にも放り出される心情は
池の中に小さな音だけ残した後
どこまでも沈む小石のようだ

冷たい月に吠える犬には
無謀だと教えていても
薮の真ん中を好んで歩く
足跡がついてない方へ
寒空にかすれた声響いた

横顔照らせず 消えかけてる蛍光灯のように
蒸気した線路にどっちつかずの明日がこぼれた
羽根を汚して低空飛行で探す真実は
デタラメな優しさに見分けがつかないまま
飛ぶ力だけを失っていく

冷たい月の下でなければ響かない声があるから
枯れた落ち葉を拾う右手はこの先に光を掴むと
約束をこの夜空に叫んだ

静寂が今 メタリックな車輪の隙間から体に染み込んでく
誰にも微笑えないと錆びついてしまう訳などないよ

冷たい月の下でなければ響かない声があるから
枯れた落ち葉を拾う右手は
この先に光を掴むと
約束をこの夜空に叫んだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冷たい月の下でなければ響かない 歌手:hibiku

hibikuの新着情報

  • 爪痕 / ♪まどろむ闇の中黒い影が

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/01/27
商品番号:VTCL-35082
flying DOG

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP