心宿

この曲の表示回数 5,449

今日も一日 無事だったよと
お前と 酒を飲む
みそ煮のサバの 骨を抜いては
おもわず ホッとする
このひとときが やすらぎなのさ
心の宿 なのさ
戦い疲れた 人々は今
夢路に 着くだろう

一輪挿しに花を活けては
お前が 口ずさむ
いつもの歌が いつものように
微笑み 連れてくる
子供のように お前の膝で
ふと目を 閉じたなら
少年の日の 忘れた夢が
やさしく 駆けめぐる

ひとつ人生 生きるってことは
色々 あるけれど
愛と云う字を 手のひらに書き
心を 受けあおう
俺にとっては お前の胸が
心の宿 なのさ
見つめることで 確かめあって
明日を 歩きたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:心宿 歌手:木村悠希

木村悠希の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-09-21
商品番号:BVDL-1022
BMGビクター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP