ハルピン1945年

この曲の表示回数 7,163

あの日からハルピンは消えた
あの日から満州も消えた
幾年時はうつれど
忘れ得ぬ 幻のふるさとよ

私の死に場所はあの街だろう
私が眠るのもあの地だろう
青空に抱かれて キラキラと輝く
白い街ハルピン 幼い夢のあと
街にながれる ロシアの匂い
広場の花壇に咲く花びらよ
辻馬車が行くよ 蹄を鳴らして
キタイスカヤ街 モストワヤ街

プラチナスの葉 黄ばんできたら
それは厳しい 冬の訪れ
息もとぎえる 眉毛も凍る
指をちぎれる 涙も割れる
あの冬の寒さ あの愛の中を
シューバーを着込んで 歩いてみたい

私の出発はあの街だった
私の幕切れもあの地から
父母とくらしてペチカのある家よ
白い街ハルピン幼い夢のあと
凍りつく松花江 氷の上に
鈴の音のこして 消えてゆくよ
あの冬の寒さ あの雪をつかみ
涙を流して 歩いてみたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ハルピン1945年 歌手:デューク・エイセス

デューク・エイセスの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/01/20
商品番号:TOCT-26955
EMIミュージックジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP