もう一度TENDERNESS

この曲の表示回数 14,318
歌手:

KIX・S


作詞:

浜口司


作曲:

安宅美春


銀色の海に熱い波が押し寄せて
膝まずく君が見えた
優雅に泳いで傷つくことも知らない
そんなふうに演じてた

言葉にならない 君の声の数だけ
優しくなれたらよかった

もう一度 Tenderness
輝いてる未来を
胸に抱き踊らせよう月のプリズムで
そして 再び君に出会えたなら
その 瞳を孤独にさせはしない

本当の強さを気付かせてくれた君は
誰よりも素敵だった

抱きしめ合うよりも感じる
自然な Distance 信じているから

もう一度 Tenderness
どんなに離れてても
今見てる星屑は君にもかがやく
鮮やかな笑顔 心から溢れたら
いつ迄でも見守っててあげたい

君だけがかなえられる
夢がある筈きっと
人は皆傷つきながら
確かな世界を生みだしてく

もう一度 Tenderness
輝いてる未来を
胸に抱き踊らせよう 月のプリズムで
そして 再び 君に出会えたなら
その 瞳を 孤独にさせはしない
鮮やかな笑顔 心から溢れたら
いつ迄でも 見守っててあげたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:もう一度TENDERNESS 歌手:KIX・S

KIX・Sの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-09-23
商品番号:TECN-31419
テイチク

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP