試聴する

魂を抱いてくれ

この曲の表示回数 69,067
歌手:

氷室京介


作詞:

松本隆


作曲:

氷室京介


雨粒の中 街翳が回る
微睡む君の睫毛を朝が
綺麗に縁取る

柔な生き方笑ってた俺が
優しい鼓動 時計代わりに
こうして生きてる

シーツの波間へと俺たち漂う小舟
裸のままカップに
珈琲注いだ

魂を抱いてくれ
都会で色褪せた
胸の汚点その爪で
そっとこすり落して
魂を抱いてくれ
自分だけを愛して
生きてきたわがままな俺の
背中を抱いて

原色の夏 砂まみれのキス
熱さが消えて透明な秋
愛だけ残った

打ちのめされたとき隣にいるだけでいい
痛みをわけあえたら
それでいいから

魂を抱いてくれ
むき出しの両手で
かっこなどつけてない
真実のこの俺を
魂を抱いてくれ
心を読んでくれ
話せない大切な言葉
瞳を覗いて
静かにこのまま
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:魂を抱いてくれ 歌手:氷室京介

氷室京介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-09-30
商品番号:POCH-1600
ポリドール

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP