胸がこわれそう

この曲の表示回数 10,916
歌手:

BLANKEY JET CITY


作詞:

KENICHI ASAI


作曲:

TOSHIYUKI TERUI


「むちゃくちゃな想像力で 私を犯してほしい
叫び声がとだえるまで 底のない真暗な
空間を高速で 落ちて行くような
快感に私は 飢えているの
生きてゆく 全ての理由が
そこにしか見出せないでいる私は
とても純粋だと思うわ」

そういう置手紙を残し彼女は俺の家から
いなくなった

春の日ざしが優しく2人を包んでた
海沿いの公園を 自転車で走りぬけ
息を切らしながら 入ったレストランで
愛しているって 言った君は
きれいな心の持ち主
だから僕はうれしくて 胸がいっぱいだったさ

そういう思い出を残して彼女は俺の家から
いなくなった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:胸がこわれそう 歌手:BLANKEY JET CITY

BLANKEY JET CITYの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-12-17
商品番号:TOCT-95011
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP