試聴する

再生

この曲の表示回数 23,530
歌手:

柴咲コウ


作詞:

柴咲コウ


作曲:

FLAT 5th 岡本弥紀


さよならから始めてみよう
さよならから今を生きよう

あやまることを躊躇った
人のせいにしておきたかった
気づいたらいつしか
きみはいなくなってた

“追いかけたところできっと
手に入れることはできない”
傷つく必要はない
ならば壊してしまえと

与えられるものを上手く掴めず
歴史たどって倣った果て
「どうしてこんなに脆弱なの」と
誰が責められるの?

すがりたくていつの日からか
求めたのは 神のような手
眼を凝らせばその手のひらは
薄汚れているとわかるのに

霞んでいたこの眼は誰しもが
素通りする「それ」を掴んで
なにより人の手がすぐそばに
あることを喜んだ

どうせいつか死んでしまう
あとかたもなくなってしまう
…ってその時点でもうすでに
形に捕われてる

理性 倫理 混沌 欲望 矛盾
望む 純潔 反し、束縛の中
抗うことに 意味を見いだしてしまった

なにもなくて 中身は空で
“都合”で消える この手は偽物(うそ)で
ふりほどいて 自分の身体で
優しく生きるには遅いのか

…守るもの増やすのは怖かった
それでも事実、できていて
守るものがある、ただそれだけで
生きている価値だった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:再生 歌手:柴咲コウ

柴咲コウの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-11-18
商品番号:UPCH-20174
NAYUTAWAVE RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP