試聴する

野営(1912からずっと)

この曲の表示回数 3,011
歌手:

原田知世


作詞:

鈴木慶一


作曲:

鈴木慶一


最初にしたことは この地の果てのような
部屋に灯をともし 毛布をかけて
ラムかテキーラかは忘れたけれども
口に含んで書いた 航海日誌

オー 大きな船の事故からSOSがきて
1912年 沈んでゆくのが
ここから見えた

西インド諸島に巡り着いた頃は
パリもカリブも同じ酒が流行って
ナイフの柄が朽ちていくのも忘れて
バラ色の日を刻む ヤシの実 流す

オー そのころ遠い黄金色の東の国からは
新しく王様が生まれた話が
ここで聞こえた

沢山の兵士たちが いろんな武器を持ち
同じ事させられた跡が 潮に流されて
ここに届いた

最後に言っておく事は あの年に穫れたこの
最低のブドウ酒を飲み干すのは誰でもない
あなたに向けて 今 あなたのために
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:野営(1912からずっと) 歌手:原田知世

原田知世の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-01-20
商品番号:FLCF-3530
フォーライフ ミュージックエンタテイメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP