試聴する

童心

この曲の表示回数 5,719
歌手:

岡平健治


作詞:

岡平健治


作曲:

岡平健治


愛はどこに喜びどこにぼくらは見てた
いつの日か晴れる日がくるまで
手をのばし平らな地面におしりをつけて
何か起こりそうだとふと気がついた

「あぶないからここからは入ってはいけません」
看板踏んづけてぼくは入る
どこにあるのか忘れてしまい考えた。
基地の中にもどり、パチンコをとり。

ラララ…

いつのまにか如何こうしてるうちに
雨が止んで、空を見上げた。
柔らかい日差しが入ってくる
眩しいまぶた雫がたまる

ラララ…

何メートルも向こうにある高い山越えて虹になれたらいいのになぁ…
何メートルも向こうにある高い山越えて鳥になれたらいいのになぁ…

愛 希望 自由 夢

ここにあったんだ

こんな所にあったんだ。。。。。。。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:童心 歌手:岡平健治

岡平健治の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-09-23
商品番号:VICL-63381
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP