冬の理由

この曲の表示回数 8,242

姿を見かけたと 誰かが言ってた
波うつ髪をかきあげ 涙を押し殺してたと
歌声が聴こえる 翳った星々(ほし) 照らすように
彼女の声がいく 月光のなかを

私から去ってと君が言う 自分の道だけを進んでと
欲しいものを手に入れたらと
すでに手を入れてるものを なぜ探せというのか

粉雪舞う道に ふみにじられた薔薇が
ぬかるんだ空の下 もってる俺のすべてを

愛する人に あげてしまったんだ
泥にあせた真紅の 愛のかけらを

私から去ってと君が言う 自分の道だけを進んでと
欲しいものを手に入れたらと
すでに手に入れてるものを なぜ探せというのか

歌声が聴こえる 翳った星々(ほし) 照らすように
彼女の声がいく 月光のなかを
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬の理由 歌手:甲斐バンド

甲斐バンドの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/10/21
商品番号:TOCT-26895
EMIミュージックジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP