葉桜の季節

浦部雅美

葉桜の季節

作詞:竜真知子
作曲:マイケル・K・中村
発売日:2009/07/15
この曲の表示回数:6,521回

葉桜の季節
名もない駅に ふと降りたら
季節の風が迎えに来た
石だたみの続く坂道に
八重桜咲いてた

あなたともしも一緒ならば
立ち寄るような喫茶店の
ちいさなガラス窓 映るのは
ひとり旅 ひとつの影

あなたのことを忘れるために
たどる旅の先々で
想い出ばかりがまちぶせしてる
私をとりまくように

眩しい春の絵葉書には
私の気持書ききれずに
とり残されたまま 散ってゆく
葉桜を見つめていた

二人のあしあと今ふりかえれば
忘れものばかりだった
すぎゆく季節を惜しむ心に
冷たく雨がしみる

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません