試聴する

風のある午后

この曲の表示回数 4,512
歌手:

あべ静江


作詞:

奥山圭三


作曲:

奥山圭三


風のある午后に しめった部屋で
窓もあけずに 春も知らずに
女がひとり 手紙を書こうと
言葉をさがしてる
さよならと書けずに涙ぐんで
言葉をさがす昼下り

めぐり会う前の だれかとだれかが
もとのひとりに なっただけだと
むりに笑って ためいきついて
風をみつめてる
しあわせだったとくちびるかんで
風をみつめる昼下り

風のある午后に 雪どけ道を
肩もだかずに なにもいわずに
男と女 心をこおらせ
ぼんやり歩いてく
二人のきのうを忘れようと
ぼんやり歩く昼下り

二人のきのうを忘れようと
ぼんやり歩く昼下り
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:風のある午后 歌手:あべ静江

あべ静江の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-07-15
商品番号:PCCS-73
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP