試聴する

降るプラチナ

この曲の表示回数 7,175
歌手:

新居昭乃


作詞:

新居昭乃


作曲:

新居昭乃


ねぇ、私が生まれた時
パパはどんな気持ちがした?
遠くでおんなじ夕日を見ているの?
まぶしすぎて歩けない

突然の天気雨
世界中が反射する
歌いはじめるように

降るプラチナ
降るプラチナ
この胸に思いに降り注ぐ
まだ孤独を
まだ知らない頃に
こんな景色を予感していた

誰か触れて この背中に
探せるなら
羽のあとを
フイルムの夕日は銀の色
忘れていたやさしい日々

腕の中で目が覚めたあの朝に
ひきさかれた怖くて暗い夜に
降るプラチナ
降るプラチナ
ただ人を愛したいだけ

いつ会えるの?
いつ心に…
今 指が羽に触れた

降るプラチナ
降るプラチナ
この胸に思いに降り注ぐ
降るプラチナ
降るプラチナ
ふと薄くまばたきして
空を見上げた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:降るプラチナ 歌手:新居昭乃

新居昭乃の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-05-24
商品番号:VICL-60549
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP