きっと今夜だろう

かりゆし58

きっと今夜だろう

作詞:前川真悟
作曲:前川真悟
発売日:2007/10/23
この曲の表示回数:11,029回

きっと今夜だろう
『僕らの町に夜のとばりが 降りて辺りは真っ暗になった
憶えてるあれは確か 初めて君が僕の家に来た日の帰り道
月明かりの下 並んで歌う足音 そして出会ったもの

何もない田舎の町の 夜の空に 散りばめた幾千の星 静かな海

息を呑む君の横顔を見た時に 僕は決めたんだ
いつか僕が土に還る その時隣で見守って欲しいのは君だと
君しかいないと』 なんて手紙を読んで 花嫁にキスする

そんな人に僕はなりたいんだ わかってくれるかな
いつまでも側に居てよ 君しかいない 君しかいない

もしもこの強引なお願いが 永遠の誓いに形に変えて
晴れた朝も 雨振る夕暮れも 春も夏も秋も冬も全ての時
全ての場面を君が 僕と分かち合っていくこと 決めてくれるとするならば
そのきっかけになるのは きっと“今夜だろう”

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません