試聴する

PAJAMA TIME

この曲の表示回数 9,777
歌手:

渡辺美里


作詞:

渡辺美里


作曲:

小室哲哉


パジャマを着たまま ほっぺたにふれると
鏡の中にはビタミン不足の顔
ベッドから足が外にはみだすぐらいに
いつの日か少しずつ 大きくなっていた

午後の教室の机の上 いつでも心は眠っていた
かべに飾った卒業証書も 今は役には立たないよ

最終の地下鉄待つプラットホームには
一言 言えずに手をふる恋人達

4月の雪に埋もれた花 やがて緑に変わるように
サヨナラに沈む心にも いつか勇気が芽生えるはずね

この胸にむなしさがこみあげる時も
いつまでも風が吹くように歩いてゆけるよ

過ぎ行く一日の速さ哀しむより
時には自分にやさしくなりたい

降り始めた雨も気づかず 地面をじっとみつめてたころ
友達の一人は理想を時も忘れて話してくれた

この河の流れが速すぎて 泳げない時は
この河の幅が広すぎて 渡れない時は
この河を飛べる大きな翼 今はないから
こぎ出せるボートを下さい

この胸にむなしさがこみあげる時も
いつまでも風が吹くように歩いてゆけるよ

一人ではいられないと気づいた時から
いつの日にか孤独を力にかえるよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:PAJAMA TIME 歌手:渡辺美里

渡辺美里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-10-08
商品番号:ESCL-3130
ERJ(SME)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP