9095

作詞:H.U.B.
作曲:JEJUNG
発売日:2009/03/25
この曲の表示回数:57,753回

9095
従順そうな執事(しつじ)で 「こちらへ」と導かれ
回廊(かいろう)の火を点(つ)けて 「赤を右に」と言った
壊れた回転扉 床(ゆか)には極楽鳥花(ごくらくちょうか)
繻子(しゅす)の壁を這(は)うタランチュラ 踵(きびす)返し笑った

where're you going? baby
楡(にれ)の揺り椅子(いす)で待って 七つ数えるまで目を開けないで

pret(プレ) un(アン)… 首筋に夜の雫(しずく)が… 声にできないほど
deux(ドゥ)… ネジ式積み木の城で… 指の隙間(すきま)へと
trois(トゥロワ)… 絡み合った蜘蛛(くも)の糸は… このままずっと
上がり出した砂時計 9095(ninety ninety-five)… 5…

長い回廊(かいろう)に響く 「どこかで会ったでしょうか?」
「青は赤の左に」
錆(さ)び付いた天使の羽根 貘(ばく)が捨てた昨日の夢
先は手の鳴る方へ 目隠しをして

who are you? tell me baby
それは誰も映らない 鏡の中にその手を入れるとき

et(エ) quatre(カトゥル)… 背中まで麝香(じゃこう)の香り…
熱い呼吸の音
cinq(サンク)… 空白(くうはく)に浮かぶ瞳… 許されないのなら
six(スィス)… その涙が生き返ったら… どうしてもっと
目覚めてゆく化石たち 9095(ninety ninety-five)… 95…

もう何も探さないで そばにいるから
目を開けてしまったのなら 戻れなくても…
それでもいいのなら そっと

pret(プレ) un(アン)… 首筋に夜の雫(しずく)が… 声にできないほど
deux(ドゥ)… ネジ式積み木の城で… 指の隙間(すきま)へと
trois(トゥロワ)… 絡み合った蜘蛛(くも)の糸は… このままずっと
上がり出した砂時計 9095
et(エ) quatre(カトゥル)… 背中まで麝香(じゃこう)の香り…
cinq(サンク)… 空白(くうはく)に浮かぶ瞳…
six(スィス)… その涙が生き返ったら… どうしてもっと
目覚めてゆく化石たち 9095

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:22:15

  1. 阿修羅ちゃん
  2. 君に夢中
  3. ベテルギウス
  4. あわてんぼうのサンタクロース
  5. 水平線

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 僕らの季節
  2. We Alright
  3. あなた
  4. Have a nice day
  5. クリスマスの夜に

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照