試聴する

SEA BREEZE

この曲の表示回数 11,316
歌手:

矢沢永吉


作詞:

ちあき哲也


作曲:

矢沢永吉


嫉くな 見えないSea Breeze

女の 心が 海風で…
海も 真夏も 贈った

ばかな俺は ぬけがら情事に…

裸の耳 せつなく噛めば
あしらう爪氷のようさ yeah

運命の淵 漂いながら
ふたりどこへ 流れ着く

ひとの気を魅く 翳を
残した 誰かが 憎い…

欲しい 財宝を 間近に
唾をのんでさまよう Sunset…

鎖をつけ 奴隷になれば

見下げた瞳で 愛しにくるか yeah
燃えきれない魔性の刻を
ふたりどこへ 流れ着く
唇から 覗いた闇は

過去という 秘密の園さ yeah
それでもいい 漂いながら
ふたりどこへ 流れ着く
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:SEA BREEZE 歌手:矢沢永吉

矢沢永吉の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-07-06
商品番号:TOCT-8480
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP