叶わないなら~winter lovers~

この曲の表示回数 9,465
歌手:

上木彩矢


作詞:

上木彩矢


作曲:

川本宗孝


冬の恋人達は 幸せそうに街角を通りすぎる
果てしない夜空に ただひとつの願いをこめて眠る

キラキラと光る小さな星は 私と似ていて孤独なの?

叶わないなら 最初から好きにならなかった
その瞳 忘れないから
かけ違えたボタンの様に この関係(キョリ)もすれちがっていた
鳴りっぱなしのデンワ 君からではないだろう

もうすぐ冬が来るのに すでに外は人一倍 肌寒い
にぎわう街の灯りは ココロとはウラハラに 笑い声であふれてる

あの夏をくれた君に最後に言えるのは湖(みず)の上 広がる花火

どんな明日が待っているのだろう
どこへ行くのかも 分からないまま
どこにも居場所がなかった ずっと探し続けていた
君で眠りにつけるなら

叶わないなら 最初から好きにならなかった
全て包み込んでくれた人
本当に大切なモノ 見失って生きていた
これからもっと自然に生きる

La La La La La La La
今度誰かを愛せたら きっともっと素直になりたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:叶わないなら~winter lovers~ 歌手:上木彩矢

上木彩矢の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-10-10
商品番号:GZCA-5120
GIZA(J)(M)

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP