語り酒

この曲の表示回数 8,525
歌手:

中村美律子


作詞:

高田直和


作曲:

富田梓仁


好いて好んで裏道を
歩き通したわけじゃない
運がないのか 陽に背をむけて
いつしか日陰で咲いていた
酒よ おまえもわかるだろ
今夜はおまえと 語り酒

胸を裂かれる日もあった
荒れて眠れぬ夜もあった
じっと見つめるその手の中で
夢まで冷たくなっていた
酒よ おまえもわかるだろ
今夜はおまえと 語り酒

意地とがまんを 貫いて
なんど修羅場をくぐったか
泣いて笑って転んで起きて
いま人生の 秋を知る酒よ
おまえもわかるだろ
今夜はおまえと 語り酒
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:語り酒 歌手:中村美律子

中村美律子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-01-24
商品番号:TOCT-9327
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP