Never Rain

この曲の表示回数 7,794
歌手:

織田裕二


作詞:

風堂美起


作曲:

関淳二郎


あの日 歩道橋を渡る途中
涙が滲んで 止まらなかった
通り雨が どこまでもつづく道
すべて君のように見えた

明日のことは誰にも分からない
いつになく考えこむ冬の空

Never Rain ガラスの舗道で
明日に何が見えるの
カレンダ−のペ−ジ
さかさにめくれてゆく

ぐずった時 唇を噛む癖も
抱きしめるたび 壊れそうな肩も
凍るような瞳 あの髪の匂い
僕をすり抜け 薄れてゆく

同じ街と 同じ嵐の中で
静かに君を 君だけを連れていった

Never Rain 涙のかれた空
夜明けを待ちながら
雲の間のぞく
月だけが頼りだった

Never Rain 雨上がりの空
水銀灯が揺れてる
この夜の向こうで
君は何をみているの wow wow…

しけった煙草 よれた缶ビ−ル
肩をすぼめて 風に吹かれて
さがした wow wow Never Rain

Never Rain 涙のかれた空
夜明けを待ちながら
言葉さえ失くしてしまいそうになるけど

Never Rain ガラスの舗道に
水銀灯が消えてく
この夜の向こうで
君は輝いて ずっと
ずっと…
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Never Rain 歌手:織田裕二

織田裕二の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-09-27
商品番号:TOCT-9189
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP