モノクロームの夏

この曲の表示回数 4,669

サイダアの泡のような
モノクロームの夏がゆく

つま先で履くサンダル
知らない路地へ迷い込む
いつか そっと

あの角をまがれば 会えるような気がした
日傘のレースのうえ 風が踊ってる

白い陽射し 腕のなかに溶けて
目を閉じたら ふたりの肩越しに
燃え落ちてく夕日

モノクロームの夏が逝く

天気雨 通り過ぎて
古いピアノが なつかしい歌をうたう

あの角を曲がれば
会えるような気がした
時が止まる場所で
今も 笑ってる

夏を止めて 永遠のなかに
透きとおったフィルムに焼きつけて
会えなくなる前に

モノクロームの夏が逝く

足跡さえつけてない
まぶしい野原をふたりは持ってた

白い陽射し 腕のなかに溶けて
目を閉じたら 燃え落ちてく夕日

夏を止めて 永遠のなかに
会えなくなる前に

モノクロームの夏が逝く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:モノクロームの夏 歌手:鈴木祥子

鈴木祥子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-06-13
商品番号:MHCL-1079
Sony Music Direct

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP