ナイフの上の夏

この曲の表示回数 9,415
歌手:

芹澤廣明


作詞:

売野雅勇


作曲:

芹澤廣明


ひき潮がほら水平線に夏を連れて帰ってく
いそしぎたちが波間かすめて悲しげに鳴くよ

青春が過ぎてゆくね 見果てぬ夢を残し
マストの折れたヨットさ 夏が終わる

ナイフで切ったように金色に ほら夏の破片が
舗道染める頃 若さが見せる夢って

哀しみ隠してるね 目醒める時に切なく
胸を刺すよ 淋しさというナイフで

青春が過ぎてゆくね 僕たちだけを置いて
マストの折れたヨットの 影が秋の街を流されてゆくよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ナイフの上の夏 歌手:芹澤廣明

芹澤廣明の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-12-15
商品番号:PCCG-117
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP