会津の小鉄

この曲の表示回数 24,815
歌手:

京山幸枝若


作詞:

松島一夫


作曲:

和田香苗


梅の浪花で 初声上げて
度胸千両の 江戸育ち
何の世間が 笑おうとままよ
やくざ渡世に「五尺の体」
かけた京都の
かけた京都の 会津部屋

義理と人情が 男の道と
いつもささやく 加茂川の
水の流れに 白刃をかざし
恋も情も 笑顔ですてる
泣くな未練の
泣くな未練の 川千鳥

引くに引かれぬ 男の意地で
どうせすて身の 稲荷山
咲いた花なら 一度は散るさ
のぼる朝日が 草木をそめて
男小鉄の
男小鉄の 晴れ姿
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:会津の小鉄 歌手:京山幸枝若

京山幸枝若の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-07-21
商品番号:TECA-25082
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP