悲しきペルソナ

この曲の表示回数 4,490

「大したことないさ!」って言えたならどんなに楽だろう
背負い込んだ荷物 笑っているのは見栄っ張りな心と、膝小僧

まだ見ぬ世界 描いていた空を
飛べると信じきっていた10代の夏

伸ばした両手は思ったものとは違うものを掴んでいた昨日
自分で作った水たまり 大きな歩幅で越え
フリダシから始められたなら
ほつれた未来が続いてる

位置についてヨーイ、ドンで駆けていくはしゃぐ子供たち
速い子も遅い子もそれぞれにガムシャラでうらやましく見えた

いつも身の丈以上を望んでは
叶わないと噛みついていた20歳の夜

知らぬ間に厚くなった面の皮 世間と折り合ってくためのお面
悲しきペルソナ 損得ばかりで覆ってしまって
本当の自分見えないままで
何を目指して走っていたんだろう

遠くで ポロポロ 何かが剥がれる音がする

知らぬ間に厚くなった面の皮 世間と折り合ってくためのお面
悲しきペルソナ 憧れていたヒーローを真似て
拳を前に突き出してみるよ
ありふれた今日に向かって

出来るだけチカラを込めて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:悲しきペルソナ 歌手:河口恭吾

河口恭吾の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-11-26
商品番号:CRCP-40220
NIPPON CROWN CO,.LTD.(CR)(M)

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP