私という命の証

この曲の表示回数 3,193

見上げた夜空にひと筋の光
流れてく星の行く先を見てた
どこで生まれたの? どこへ去ってくの?
自分を重ねて問いかけていたの

幼いころ途切れた絆には
どんな人が繋がっていたのだろう
知りたいのはその先にあるもの
私という命の証よ

満ちては欠けてく月を見るたびに
心の動きと似てる気がしてた
強くなれる日も泣きたくなる日も
自分の気持ちに素直でいたいな

探していたもの近づくたびに
なぜが胸の奥 迷いが生まれる
そんな時はため息も許して
揺れる心 抱いていたい

幼いころ途切れた絆には
どんな人が繋がっていたのだろう
知りたいのはその先にあるもの
私という命の証よ

命の軌跡よ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:私という命の証 歌手:葉山小十乃(片岡あづさ)

葉山小十乃(片岡あづさ)の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-04-25
商品番号:GNCA-7068
ジェネオン エンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP