試聴する

THE BLUE BUS BLUES

この曲の表示回数 14,047
歌手:

爆風スランプ


作詞:

サンプラザ中野


作曲:

パッパラー河合


僕らの大きくってすいません号は
おんぼろ ポンコツ 青いバス
いつでもモクモク 煙吐いて
僕らを旅に連れてった

東へ 西へ 高速
かっとばして
ベースと ギターと ドラムと
夢をのせて

ライブ・ハウスへ 乗り付けろ
たとえガソリン途切れても
押してやるぜ 大丈夫

夜には大きくってすいません号は
ホテルのかわりも してくれた
貧乏 アマチュア ぼくたちは
おまえの中で寝ていたよ

天気のいい夜には 屋根の上に
ダンボール敷いて寝てたよ
星がみえて

いつか 大きな星になれ
そんな冗談言いながら
大きな声で笑った

その時 僕らみんな 言葉もなく
朝焼けなのか
二度とは動かぬ おまえの

ほこりまみれの その体に
掌の平あてて たたいたり
なでたりしてたのさ

いっしょだったね いつも
咳込むように 走ってた

小さくなるまで 見送った
朝焼けの中 引かれてく
おまえのさいごの姿

いつか 大きな星になれ
そんな冗談言いながら
大きな声で笑った

いつか 大きな星になれ
そんな冗談言いながら
大きな声で笑った
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:THE BLUE BUS BLUES 歌手:爆風スランプ

爆風スランプの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1988-11-02
商品番号:32DH-5140
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP