フリージア

この曲の表示回数 6,825

波の音に 瞼閉じた
あの日一緒に来たこの海で
波の音を聴いていたら
すこし泣きそうになった

海を見渡す駅のホームで
ゆれていたフリージア 今年も咲いてる
卒業記念と 君が描いた
落書きの文字はもう見つけられない

いつまでも このままじゃいられない
あの日やっと気づいた
悲しいほど 空は青くて

波の音が 心揺らす
君は今どうしているのだろう
波の音を聴いていると
何故か君がいるようで

いつか手紙で君に書いた
さりげない告白をジョークにしたのは
まるでこぼれる砂のように
卒業のその時がやってくるから

叶わない恋は そういつまでも
胸の奥で一輪
フリージアのように咲いてる

波の音に 瞼閉じた
あの日一緒に来たこの海で
波の音を聴いていたら
すこし泣きそうになった

波の音に 瞼閉じた
波の音も 泣いているよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:フリージア 歌手:奥村愛子

奥村愛子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-02-23
商品番号:TOCT-25584
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP