北港哀歌

この曲の表示回数 7,103

縁も所縁(ゆかり)も無い町に
軋(きし)む列車を乗り継いで
夜明けの駅に 降り立って
海鳴り聞いたの二年前
泣いてもいいよと
泣いてもいいよと 風が吹く
南風止まぬ 時化(しけ)止まず

そのまま 港で働いて
そのまま 町に住みついて
あいつの写真 見せながら
行方をカモメに聞いたっけ
泣いてもいいよと
泣いてもいいよと 風が吹く
南風止まぬ 時化止まず

冬には寝返り打つだけで
誰かを探す癖が出る
ひとり寝 膝(ひざ)が冷たくて
涙で指先 温めた
泣いてもいいよと
泣いてもいいよと 風が吹く
南風止まぬ 時化止まず

泣いてもいいよと
泣いてもいいよと 風が吹く
南風止まぬ 時化止まず
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北港哀歌 歌手:ヒデオ銀次

ヒデオ銀次の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-08-06
商品番号:YZWG-15012
エイフォース・エンタテイメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP