九月 incense

この曲の表示回数 4,877
歌手:

GLACIER


作詞:

マコト


作曲:


夜の戸張にぎわいはじめ少し肌寒い九月
季節の終わり橙色に木々は色付いて

初めて手と手を繋いでたベンチには
別の二人が座ってる

一月前の夕暮れラムネを片手に持ったまま
二人で見た花火
とても綺麗に咲いていた残る線香花火だけ
「また次にしようね」と

時は過ぎてあれから少し大人になったつもり
だけどこの道避けて歩いた思い出さぬ様

責めたりしないわ 出会えた事が
寂しさ生んでしまったの

誰もいない公園季節外れに火をつけて最後のお別れ

綺麗に咲いていたわ儚くゆらゆら音を立て
慰めの言葉

鈴虫の鳴く声が明日に連れて行ってくれる
嗚呼「ありがとう、さようなら」と
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:九月 incense 歌手:GLACIER

GLACIERの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-08-06
商品番号:CRCP-40212
NIPPON CROWN CO,.LTD.(CR)(M)

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP