僕の頁をめくれば

この曲の表示回数 7,264

あの日 君は
木枯らしに ゆれて
指も髪も
ほほえみに 染まっていた

真夜中 ひとり
瞳とじて 思うたび
胸の奥が じらされるから
すぐに逢いに 行きたい

さよならさえ
感じさせないほど
君のことを抱きしめて
はなさない
僕の頁を
めくる先には
いつも君がいる

君の涙
僕にぬぐわせて
波の中に
ひとつぶが まぎれても

かまわない いつも
君の姿 さがしてる
どんなときも さがしだせるよ
もうこれ以上 泣かないで

さよならまで
つながってくような
頁は破り捨てるよ
めくらずに
そして跡には
未来という名の
言葉を残そう

ねえこんな大きな 世界で
そう偶然 君と出逢えて
毎日 君であふれて
もう他には見えなくなって
ずっとさがしてたもの
ねえとうとう君にたどりつけた
永遠を 誓いたい…

さよならへと
落ちて行きそうな
予感でさえ抱きしめて
歩いてく
たとえば明日が
見えなくなっても
君を守りたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:僕の頁をめくれば 歌手:パク・ヨンハ

パク・ヨンハの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-12-27
商品番号:PCCA-70178
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP