Sol y Sombra ~ソル イ ソンブラ~

この曲の表示回数 11,489
歌手:

今井美樹


作詞:

岩里祐穂


作曲:

松本俊明


光と影か今
かさなりあう金色の時
真昼の眠りにおちてゆくの
はるかな異国の夢へ

Sol y Sombra
Mujer y Hombre
足首につけた銀の鈴
待ちこがれたカルナバルの町に
幾億 花火が轟く

巻きこまれてく熱狂 かき消されてく葛藤
誰もが許しあうの

踊れ 終わらない夜
心のまま私は酔いしれ
人は空を行く鳥
祈るように 解き放たれるよ 自由へ

喜び 哀しみ
果てしなくくり返しながら…
東から吹く風はゆるやかに
私の耳たぶ なでる

美しすぎる忘却 探しつづける永遠
心 眠らせないで

赤く闇を染めあげ
今 最後の人形(フアージヤ)が燃え去る
罪も罰も背負った熱い涙
歓声と酒で送るよ

光と影が今
白い籐椅子に揺れながら
真昼の眠りにおちてゆくの
はるかな異国の夢へ

Sol y Sombra
Mujer y Hombre
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Sol y Sombra ~ソル イ ソンブラ~ 歌手:今井美樹

今井美樹の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-03-21
商品番号:FLCF-3630
フォーライフ ミュージックエンタテイメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP