Sol y Sombra ~ソル イ ソンブラ~

光と影か今
かさなりあう金色の時
真昼の眠りにおちてゆくの
はるかな異国の夢へ

Sol y Sombra
Mujer y Hombre
足首につけた銀の鈴
待ちこがれたカルナバルの町に
幾億 花火が轟く

巻きこまれてく熱狂 かき消されてく葛藤
誰もが許しあうの

踊れ 終わらない夜
心のまま私は酔いしれ
人は空を行く鳥
祈るように 解き放たれるよ 自由へ

喜び 哀しみ
果てしなくくり返しながら…
東から吹く風はゆるやかに
私の耳たぶ なでる

美しすぎる忘却 探しつづける永遠
心 眠らせないで

赤く闇を染めあげ
今 最後の人形(フアージヤ)が燃え去る
罪も罰も背負った熱い涙
歓声と酒で送るよ

光と影が今
白い籐椅子に揺れながら
真昼の眠りにおちてゆくの
はるかな異国の夢へ

Sol y Sombra
Mujer y Hombre