September Moon~永遠という一瞬~

この曲の表示回数 7,574

酷く悲しい場面に心が凍り付く
摩天楼がゆっくり崩れ落ちる
New York New York 人はいつまで
こんな風に 傷つけ合うのだろうか

下弦の月が傾く東京
人ごとのように過ぎてゆく平和

君を抱きしめながら
涙こらえながら
見上げれば September Moon

酷く悲しい場面が繰り返される
爆撃と子供たちの笑顔
New York New York 信じることを
投げ出すのは あまりに悲しすぎる

永遠は一瞬の中にだけ
存在するものだと解ってるけど

生命(いのち)を歌うこと
愛を奏でること
決して あきらめない

君を抱きしめながら
涙こらえながら
見上げれば September Moon
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:September Moon~永遠という一瞬~ 歌手:さだまさし

さだまさしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003/07/23
商品番号:FRCA-1087
フォア・レコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP