まばたき

この曲の表示回数 3,323
歌手:

Bahashishi


作詞:

ユラリ


作曲:

Bahashishi


車の中 真夏の風があおいで
ハンドルを握る髪が揺れる

ふとした瞬間のまじめなその目が
私のこの瞳を奪って まばたきさえ忘れてしまいそうだよ

すぐに消えちゃいそうな あなたの姿をずっと
この目に焼きつけて もって帰っちゃいたいよ

「夜景が見える あの丘までゆこうよ」と
スピード上げて はぐれたふりをして

ふとした瞬間のやさしいその手が
私のこの手の平を奪って 呼吸さえも忘れてしまいそうだよ

すぐに消えちゃいそうな 二人だけの時間を
かばんにつめこんで もって帰っちゃいたいよ
”スキ”といえないような 平行線のこの距離で
いつでもこの胸が もって帰っちゃうのは不安なんだよ

すぐに消えちゃいそうな あなたという存在の
何もかも全てを もって帰っちゃいたいよ
“スキ”といいたいような この夜のこの空が
いつまでもこのまま 朝日を忘れてしまってほしいんだよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:まばたき 歌手:Bahashishi

Bahashishiの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-04-09
商品番号:COCP-34800
Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M)

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP