試聴する

Beehive

この曲の表示回数 8,580
歌手:

川田まみ


作詞:

川田まみ


作曲:

中沢伴行


守られてるような居心地と
もう張り裂けそうな孤独感
何故ここにいるの?
そんな事、どこかに置き忘れたはずよ

いつかつけたその傷口が疼いた

分かち合えたような喜びと
消えてしまいそうな恐怖感
体の力が抜けてゆく
こんなのすでに慣れたはずよ

白く滑らかな肌、赤く滲んだ

組み込まれた枠の中で
踊り明かそう陽が迎えるまで
「選ばれた私」だけに
ああ生きてるその理由(わけ)を教えて
知っている全てを

何が突き動かすの?誰に操られるの?
同じ顔した群れが低く叫んだ

今確かめてた記憶だけで
細い息を感じられるだけ
賑やかな狭い町でまだ生きてる
埋もれたくない

組み込まれた枠の中で
踊り明かそう陽が迎えるまで
「選ばれた私」だから
生き続けるその意味を求める
そっと微笑む日まで

haven 逃げる? heaven 飛べる?
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Beehive 歌手:川田まみ

川田まみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-05-09
商品番号:GNCA-54
ジェネオン エンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP