B-BOYブンガク

やっとペンを握る事が出来た
何年も眠ってたみたいだ
冬を照らすオレンジの街灯が
オレ達の体を温めた
B・O・S・E・ビタミンCを
噛み砕き 水をひと飲み
ピントは遥か彼方向こうに
このギターのリフとともに
よし 今だ通りを横切れ
響く掛け声 北風に消され
呼吸整え タバコに火をつけ
ハッキリ言うぜ 聞いてくれ
イロメガネのサギ師がイラつかせる
あそこん家のピザ食うのはもうやめる
YO シンコ GIMME A BEATS
AND A あの例のフルート ループ

湧き起こる衝動を押さえ
キャップを深くかぶり黙々と歩く
クソみたいなしがらみを
キレイさっぱり流しさり一歩踏み出し
ハードにキメるA.N.I
垂れるパワーオブテンのように
10の25乗から
マイナス15乗行き来しながら
アップやダウンを繰り返し
再びあたりをぐるり見回し
白い息とともに吐き出される
パートIIのようなフレーズ
続々と続く蛇足のごとく
即 効かないがほどよく残る
SPとおもしろに火を灯し
キックとスネアの現代詩

BからA AからBへ
東へ西へ タフなコンビで
ふたたびみたび旅する2人
時に静かに 夜に昼間に
アスファルトに熱を奪われちまうと
オレまでちぢこまって唸って
逆らうのも辛くただ春を待つ
好き勝手言わせて テンパってみたって
タンバリン シャーン しょうがないガーンと
BRAND NEW SOUNDの Bombでも
仕掛けつつ 先へ進む
取り付く島もなくリリックは続く
フェードインしてくるサイレン
ベースラインに絡みついて
走り去るトラックが呼びさます
静寂を深く吸い込み 通りに向かう

シンコがクリエイトするビートは
オマエの目の前のステレオを
本来の姿に 呼び戻すに違いない
ああ まったく同感だ しかし
何千万回
聞いたかも分からないループの谷間に
流れるせせらぎにはみんな気づくのだろうか
そう願いたいが
腰にくる様 セットされた
様々な声や 言葉の行方は
走る車の中から見た この通りのように…
承知の上だ
寒くない冬などない
深い闇の中 空に向かい
目的地は忘れ もう少しこの通りを
歩いてみよう
ああいいとも
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:B-BOYブンガク 歌手:スチャダラパー

スチャダラパーの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-11-28
商品番号:TOCT-26399
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP