輪島朝市

この曲の表示回数 45,799
歌手:

水森かおり


作詞:

木下龍太郎


作曲:

弦哲也


愛をなくした 心のように
空は重たい 鉛色
輪島朝市…
涙をひとり 捨てに来た
寒さこらえて 店出す人の
声がやさしい 能登訛り

知らず知らずに わがままばかり
無理を通して いたみたい
輪島朝市…
女の夢は 帰らない
詫びの手紙を あなたに当てて
書いてまた消す 旅の宿

まるで私を 見送るように
沖は潮鳴り 風が泣く
輪島朝市…
出直すための 足がかり
強く生きろの 言葉をあとに
明日へ踏み出す 能登めぐり
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:輪島朝市 歌手:水森かおり

水森かおりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-04-02
商品番号:TKCA-90265
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP