試聴する

秘密

この曲の表示回数 8,284

きみにはじめて くちづけたのは 夏の手前の
俄雨のあと 草の匂いを
運ぶ風と 明日から来る 夏休みの校舎

何処か遠くで 梅雨の終わりの 雷の音が
聞こえた気がして 耳を澄ませば
きみと ぼくの 胸の鼓動 それとも全て 夢

きらめく一瞬の ときめきを残して

きみは 気まぐれな風のように ふいに消え去り
ぼくは 初めての秘密を抱いて独り 立ちつくしていた 午後

次に会えたら どんな風に 振る舞えばいいか
長い休みを 気もそぞろに
やがて香る 秋風に 尋ねつづけてた日々

第二学期に けれどもきみは 帰らなかった
ぼくの隣の きみの机の
広さがぼくの 宇宙を呑み込んだようで

きらめく一瞬の ときめきを残して

きみは 気まぐれな風のように ふいに消え去り
ぼくは 初めての秘密を抱いて独り 立ちつくしていた 秋

きみの名前を 胸の奥で 呟いたとき
こみ上げる想いに 涙あふれて
秘密は 永遠に 閉じた

きみにはじめて くちづけたのは
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:秘密 歌手:さだまさし

さだまさしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-09-26
商品番号:FRCA-1091
フォア・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP