花を添えるように

この曲の表示回数 4,884

五月の風走り出した
紺色の闇の中を
太陽を撃ち落とすのは
散弾銃のような星空

失う恐さ抱えたまま
振り切れて感情が鳴るよ
騒ぎ疲れた夜の底
扉をひとつあけた

空回りの日々に花を添えるように
泣き出した空にいつか僕の夢を咲かせる

月の無い夜に
月の優しさを知り
誰もいない夜に
君の優しさを知る

段ボールで出来た街を抜けて
夜が明ける前にもっと遠くまで

空回りの日々に花を添えてくれる
ねじれた空にいつか君の夢が咲くころ

月の無い夜に
月の優しさを知り
誰もいない夜に
君の優しさを知る

月の無い夜に
小さなカギ握りしめて
君のいない夜に
僕は扉をあけた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花を添えるように 歌手:STANCE PUNKS

STANCE PUNKSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-06-08
商品番号:ESCL-5002
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP