試聴する

それぞれの旅

この曲の表示回数 13,123

見送りもない二人の旅立ちは
各駅停車の方がいい
お前と僕と荷物はひとつ
待たせたね 長い間

少し時間があるからあのひとに
も一度電話で声を聞かせておいで
大きな声でありがとうと言えば
それだけで いいから

ベルが鳴れば旅が始まる
時刻表も地図も持たずに
喜びと悲しみのレールを
誰もがこうして乗り継ぎ乍ら
それぞれに それぞれの旅を
生きている

一人旅なら父から教わった
母からはそれが帰るための旅だと
それからお前が教えてくれたのは
許すこと 愛すること

動き始めた列車の窓に
二人の顔が写って揺れる
喜びと悲しみのレールを
誰もがこうして乗り継ぎ乍ら
それぞれに それぞれの旅を
生きている
それぞれに それぞれの愛を
生きている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:それぞれの旅 歌手:さだまさし

さだまさしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992/01/25
商品番号:WPCF-630
ダブリューイーエー・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP