汐風の贈りもの

この曲の表示回数 10,487
歌手:

光GENJI


作詞:

安藤芳彦


作曲:

椎名和夫


夏の終わりの夕暮れは どこか淋しい
特別な 今日だけは 君と過ごしたい

波が打ち寄せる 君は黙り込む
一つ大人になる 淋しさ 僕も分かるけど

汐風 揺れてる 夏服の衿 陽に焼けた肩
どこか違う 横顔 僕はこのまま 黙って見ていたい

変って行くのは 君だけじゃないよ
二人 巡り会う 季節の中の一ページ

貝がら 集めて 夢の鎖でつなぎ合わせて
心 込めて送るよ 一つの大人の 君が生まれた日に

汐風 揺れてる 優しい髪に 触れてもいいね
そして 頬に 口づけ 一つ大人の君が生まれた日に

「Happy birth day to you...」
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:汐風の贈りもの 歌手:光GENJI

光GENJIの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP