試聴する

浮き雲

この曲の表示回数 9,906
歌手:

eastern youth


作詞:

吉野寿


作曲:

吉野寿


今、午前の空の下
目に滲みいる青と白

舗道が焼ければ
濁った憂いが溶けて流れる
歩く速さで人生は逃げる
想いを連れ去る

苦りきって空を見る
立ち止まって空を見る
漂える我は浮き雲

道すがらに様々の
今日は千切れて転げている

木立の緑が
私の迷路に午後を告げている
頭上を飛び去る飛行機の音が
怠惰を叱る

苦りきって空を見る
立ち止まって空を見る
漂える我は浮き雲

「どこまでゆこうか
どこへゆこうか
浮き雲なれば何処へも行けるだろう
また流されて日々から日々へ
また流されて流れてやるさ。」

そして
電信柱も枯れる頃
雲散霧消の君の顔
流れて漂う浮き雲の
旅は続く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:浮き雲 歌手:eastern youth

eastern youthの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-10-20
商品番号:TFCC-88147
トイズファクトリー

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP